うさぎの森

こんにちは、うさぎです。
ブログ うさぎの森に遊びに来ていただいて、ありがとうございますᙏ̤̫

今回のテーマは新住民のジャスミンが経営する「中華料理店」です。

さっそく見ていきましょう!

...と、その前に1つ問題が...


どーん!!みてくださいこれ

IMG_2381

写真撮るのを忘れてうっかり建築はじめちゃいました中華料理店の雰囲気が...

なので、全体の写真はまた後日のせようたおもいます。(72時間後)

今回は背景の影響が少なそうな、ズームからご覧ください

IMG_2393


...。
見えちゃってますが (?)
いやいや、気にしたら負けです。 

レイアウトですが、赤系で上手くまとめられたかな、と思います。満足

本当は手前のお花を白にして、赤白でまとめたインテリアにしたかったのですが、中国では白いお花は縁起がよくないそうで、辞めました。(葬儀をイメージさせるんだとか。)


続いて厨房。

IMG_2375

調理場のインテリアって、いつもすごく迷うんですよね。
今回は、中華料理屋さんということで、広めの調理スペースを意識して作りました。
そして、飲食店のバイトあるある、休憩場所が異様につめつめ(笑)


こんな感じで今回は終了です!
いかがだったでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。かわいいと思ってもらえるところがあったら、ぜひぜひ真似して遊んで見てくださいね!
まるっとコピーも大歓迎です


《ギャラリー》

IMG_2374



 IMG_2377


一人暮らしはとても気楽で楽しいものです。自分の家に、自分一人だけ。自由で贅沢な空間です。憧れている学生の方も多いのではないでしょうか。

ただし、急病時ともなれば事情が変わってきます。看病してくれる家族がそばに居ないというのは、思っている以上に心細いものです。

まず、一人暮らしで急激な体調悪化を感じたら、早い段階でに病院にいくべきです。
放置した結果、限界ぎりぎりの体力で一人で病院にいくのはとても大変です。

これから記す備えについても、病院での治療を受ける、というのが大前提。

その上で、わたしが備えていて良かった、助かったものを紹介します。

1.最寄りの病院を知っておく

初歩的ですが、とても大切なことです。
スマホで簡単に調べられるからといって油断は禁物です。
高熱、特に体温が39℃を超えるような状態で、スマホで調べ物をするのは思っている以上に大変です。

一口に病院といってもいくつか種類がありますが、あなたが絶対に知っておかなければならないのは、最寄りの内科と救急病院です。

この2つを知っておけば、いつ急病に見舞われても、とりあえず病院難民は回避できます。

注意したいのは、大学病院などは紹介状がないと、なかなか見てもらえないということです。
高熱でふらふらの時に診察をお断りされてしまうと、ほんとうに凹みますので、元気な間にすぐ見てもらえる病院を調べておきましょう。


2.500mlのペットボトル飲料

これも絶対に用意しておきましょう。3日分あれば安心ですが、置き場所がない人は2〜3本備えておくだけでも違います。

家のすぐ近くにコンビニがあるからといって、備えないのは危険です。
高熱やノロウイルス...ベットからトイレまで歩くのがやっとの場合もあるのです。

こらは特に女性の場合ですが、ペットボトルのサイズは500mlのものをすすめます。
大きなペットボトルは重く、口をつけて飲むのは大変です。コップに移すのは手間ですし、一人暮らしだと使ったコップを洗ってくれる人もいません。高熱があると手にも力がはいりきらず、落としてしまう危険もあります。
急病時には500mlが手軽で便利です。


3.ゼリー飲料

これはノロウイルスのとき本当に役立ちました。
わたしの場合、最初こそ吐いてばかりでしたが、1日2日したころには少しずつ食欲が湧いてきました。
ですが、一人暮らしで食事を作ってくれる人はいませんし、コンビニの脂っこいお弁当などはとても食べる気がしませんでした。
ゼリー飲料はベットの上から動かずに栄養がとれて、かつ胃の負担も軽く、とても便利でした。


4.氷枕×2個(重要)

急病で一番不安になるのが、熱がなかなか下がらないときです。
そんなとき、氷枕があるととても便利です。

物理的に熱を下げてくれるだけでなく、オーブンのように熱くなった肌が冷たいものに触れていると、それだけで安心感が得られます。

忘れがちなのが、氷枕は1つでは足りない、というのとです。
氷枕は冷やすのに時間がかかります。
なかなか熱が下がらないこともあるので、2つあれば交互に使用できて安心です。

以上、わたしが急病時にむけて備えているものの紹介でしな。
一人暮らしで備えのないそこのあなた

1.最寄りの病院と救急病院の下調べ
2.500mlペットボトル(1〜3日分)
3.ゼリー飲料(1〜3日分)
4.氷枕×2

は最低限、備えておきましょうね!!



このページのトップヘ